文化出版

茶道や俳句など文化的活動をしている様々な普通の市民が従来の印刷による同人誌発行や個人出版から電子出版による自費出版に関心が高まっています。

大学中心にiPad等のIT教育機器の普及により印刷費用がかからない電子出版のテキストの自費出版が増加しています。  

家系出版

裕福な高齢者の中に密かに自分の生き様や家系、ルーツを後世の子孫に残したいと考える人たちが徐々に増えています。

文庫出版

一部の文化人、知識人に限定された出版世界にセミプロの人たちの参入が増え、知名度のある執筆家より優れたコンテンツ本の方が売れています。

電子出版

ネット情報が氾濫する中、本当に価値のある本か特定の読者層を対象にした特徴のある本しか売れない時代になっています。 そこでコミックや経営など特定分野に絞った頁数が少なく単価の安い電子出版による書籍がブームになる傾向があります。

こうした新しい変化に即応できる電子出版中心の出版会社、それが太陽堂出版です。

 
 
Copyright © LLC Mission All Rights Resereved
ミッション ビジョン出版