おばちゃんのめっちゃ泣ける話1

「ソウルの恋人」

<短編小説>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore

高瀬甚太さんのコメント

本書は実話に基づいたフィクションです。海外へ旅をしたおばちゃんの感傷的な気持ちに入り込んだ男性の存在――。私はこの作品で、恋する気持ちに年齢はないということを伝えたかった。いくつになっても人は恋することが出来る。愛し愛されることが出来る。モデルになった方の話を聞きながら、私はそのことを強く感じ、愛あふれる思いで書きました。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

この作品は取材に基づいた作品です。実話ならではの「あっ!そうなるのか」という展開もあり、なるほど…と思いました。じんわりしみるような作品だと思います。ぜひおためしあれ。

人物紹介

(おばちゃん)
洋装店を経営する女主人。韓国を旅し、ガイドとして高を雇う。
高泰尽
(こう たいじん)。韓国で出会った主人公より12歳年下のガイド。落語に興味を持っている。
(ぼく)。高のソウルの友人。大阪市生野区出身の日本育ち。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 「シリーズ二十四人の女 24 三十歳差の恋」 「迷走病棟」 「退職刑事 榊原陽一郎 第一回」 「くろしおの郷」 父が消えた日 前編 おばちゃんのめっちゃ泣ける話1

©2018 Mission Corporation

画像