「退職刑事 榊原陽一郎 第一回」

<長編分冊>

著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

主な発売サイト

iBooks/Amazon/BookLive/BOOKWALKER/COCOROBOOKS/DMM.com/ブックバス/楽天kobo/コミックシーモア/ReaderStore

高瀬甚太さんのコメント

定年まで勤め上げた仕事を放り出し、定年退職するのは、その事件に長く関わって来た刑事にとって心残りなことだと思います。そんな元刑事を主人公にした本作は、他の警察小説と多少、赴きが違って見えるはずです。退職した刑事が好むと好まざるに関わらず、事件に巻き込まれ、異なる二つの事件を見事に解き明かしていく様は痛快です。ぜひ、御一読ください。

Profaile

高瀬甚太(たかせじんた)

和歌山県出身。15歳の年に単身上阪。以後、さまざまな職業を経験して、35歳の時、出版社に編集長としてスカウトされ、三十年間、出版経営に携わる。500点余の出版物を発刊し、千人強の人たちと出会う。その体験を生かして編集の仕事を辞し、小説の世界に飛び込む。現在、電子書籍を中心に500数十点の本を上梓。現在も精力的に作品を書き続けている。代表作に『大阪人大全』(リベラル社)、『編集長の些末な事件ファイル』『笑わんかい!』『退職刑事 榊原陽一郎』『二十四人の女』『ローランボックルタウンシリーズ』『えびす亭百人物語』(いずれも太陽堂出版より電子書籍として発売中)他多数。

編集部のコメント

普段、日常的には、出会う事のない事件なのだが、もしかして、少し、未来に遭遇するかもしれないというドキドキ感。主人公を取り巻く人間関係が榊原陽一郎の人生や人間的な深さを映し出す魅力的な作品に仕上がっているのではと思いました。

人物紹介

榊原陽一郎
大阪府警捜査第三課を退職した刑事。
東田陽子
大阪府警捜査第三課の優秀な女性刑事。
二宮刑事
榊原の二期後輩。
山田刑事
榊原の同僚。
孝弘
榊原の孫。
ひとみ
榊原の娘。
西田俊秀
関西第一総合興信所の代表で社長。
水野孝明
プロローグで登場。第一発見者
島田永一
関西第一総合興信所の企業・法人担当の課長。
亀田
依頼主。
黒崎由里子
篠原商事のチーフ。榊原が尾行した。
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 編集長の些末な事件ファイル154「地図にない村(一)」 高瀬甚太 「翼のない天使」 ヨシムラヨシヒロ 名探偵夕月光シリーズ1「勿忘草荘殺人事件」 高瀬甚太 「笑わんかい!第一回」 高瀬甚太 「シリーズ二十四人の女 24 三十歳差の恋」 「迷走病棟」 「退職刑事 榊原陽一郎 第一回」 「くろしおの郷」

©2018 Mission Corporation

画像