• 「父が消えた日 前編」 高瀬甚太
  • おばちゃんのめっちゃ泣ける話1 「ソウルの恋人」 高瀬甚太
  • 編集長の些末な事件ファイル142 「幽霊村(一)」 高瀬甚太
  • 恋・愛・百物語十六人目の話 「愛する人へ」 高瀬甚太
  • 編集長の些末な事件ファイル1「奇妙な絵画」 高瀬甚太
「父が消えた日 前編」
おばちゃんのめっちゃ泣ける話1 「ソウルの恋人」
編集長の些末な事件ファイル142 「幽霊村(一)」
恋・愛・百物語十六人目の話 「愛する人へ」
編集長の些末な事件ファイル1「奇妙な絵画」

NEWS

20180910
「父が消えた日 前編」「おばちゃんのめっちゃ泣ける話(1)」「編集長の些末な事件ファイル142 幽霊村(1)」「恋・愛・百物語16 愛する人へ」を追加しました。
20180725
サイトを公開しました。
20180712
シリーズ二十四人の女21「緋牡丹お蝶」を追加しました。
20180711
「おっちゃんのめっちゃ泣ける話1」を追加しました。
20180710
編集長の些末な事件ファイル138「温泉旅行殺人事件 前編」を追加しました。
20180701
編集長の些末な事件ファイル1「奇妙な絵画」を追加しました。えびす亭百人物語74「お蝶さん」を追加しました。

新刊案内

恋・愛・百物語十六人目の話

「愛する人へ」

<短編小説>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

多くの社員の憧れの的、高倉美那子は、遠井雄一郎が雑誌に投稿したエッセイを読み、感動の言葉を遠井に伝える。恋心を抱いた遠井であったが、その美那子に大手の製薬会社の御曹司がプロポーズする――。誠実な真実の愛の物語。

特設ページへ

編集長の些末な事件ファイル142

「幽霊村(一)」

<短編分冊>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

山間の奥深い村に住む友人から助けを求める手紙が井森の元に届く。井森がその村に駆けつけると、友人はおろか村人たち全員が姿を消していた。不審に思った井森は、神社へ向かい、そこで一人の老人に出会う――。

特設ページへ

えびす亭百人物語74

「お蝶さん」

<短編小説>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

えびす亭に出入りするお蝶さん。彼女は、川島五郎を待って中央市場で働いている。しかし、一年経っても二年経っても、川島は行方不明のまま、お蝶さんの元へ帰って来ない。いったいなぜそうなったのか??――。

特設ページへ

編集長の些末な事件ファイル138

「温泉旅行殺人事件 前編」

<短編分冊>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

藤堂歯科医院恒例の慰安旅行に次々と起こる不審な事件。謎の脅迫状。居合わせた編集長は犯人にたどり着けるのか??

特設ページへ

今回の一押し

おばちゃんのめっちゃ泣ける話1

「ソウルの恋人」

<短編小説>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

ソウルで出会った十六歳年下の恋人とのロマンスが、四十を過ぎた女の胸をときめかす。悲しいほど純粋で、やさしく熱い男の思いに女の心が激しく揺らぐ。この恋の結末は……。

特設ページへ

「父が消えた日 前編」

<短編分冊>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

奈々枝との結婚式を控えた岡村赳夫の前に突然、十四年前に失踪した父親が現れる。女と駆け落ちをした父の突然の出現、そして、結婚式当日、父が会場に現れる――。

特設ページへ

編集長の些末な事件ファイル1

「奇妙な絵画」

<短編小説>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

零細出版社の編集長が出会った心を凍らせる奇妙な絵画。その謎を解き明かしていくうちに次第に明らかになって行く秘められた愛の情念。絵画に秘めた秘密は…?心を震わすミステリー。記念すべき第1話。

特設ページへ

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話1」

<短編集>
著者:高瀬甚太
定価:本体250円(税別)

最愛の姉ちゃんが危篤に陥った。病院に駆けつけた私は意識不明の姉に思い出の数々を語りかける、すると姉が…、「姉ちゃんの死」。など、6作品を収録する短編集。

特設ページへ
太陽堂出版バナー ホープブックスバナー 父が消えた日 前編 おばちゃんのめっちゃ泣ける話1 編集長の些末な事件ファイル142 恋愛百物語16 編集長の些末な事件ファイル1 えびす亭百人物語74

©2018 Mission Corporation

画像